へび年ミニランタン

デザイン理念

『2013 年台湾ランタンフェスティバル』のために特別製作されたミニランタン。専門家の審査や人気投票を経て量産されています。優れた色彩効果をもつ造型であるばかりでなく、コレクション価値や企業の公益を宣伝するイメージも兼ね備えています。これは贈答用で、販売はしておりません。

2013 年は中華民国暦 102 年で、「蛇年」にあたります。今回のランタンフェスティバルの会場は科学技術の町として知られる竹北市であり、ミニランタンも「機械」をモチーフにしています。子供たちに気に入ってもらえるよう、蛇の身体は赤や青、緑、黄色、紫など鮮やかな色彩が用いられています。可愛らしい「炫風淘気蛇」は元宵節に欠かせないミニランタンです。それだけでなく、身体が輪軸構造により二つのパーツに分かれているため、蛇の尻尾をつかんで遊んだり、前後に揺らしたりできます。身体の後ろ半分には下に紐が付いており、手の上に固定でき、手と腕の動きに合わせてフレキシブルに動かせます。さらに、頭にはプロペラが付いており、ミニランタンと風車を組み合わせています。これは今回のランタンフェスティバルの開催地である新竹が風の強い土地であるためというだけでなく、子供たちがより多様な方法で遊べるようになっています。

へび年のミニランタンは防水効果があり、破れにくくかつ変形しやすいポリプロピレン合成紙を使用しています。組み立て強度が高く、組み立て後も湿気によって変形しないようになっています。また、透光性にも優れています。

三色の LED ライトを使用しています。色彩豊かであるだけでなく、軽量設計でもあります。また、プラスチックの使用量も減らしているため、環境保護の概念にマッチしています。照明は 50 時間以上有効です。

長さ 21cm* 幅 8cm* 高さ 21.5cm へび年ミニランタン