メインブロックへ
Mobile Menu Button

サブランタンエリア

  • 大地に福を与える
  • イノベーション・サブランタン
    福賜大地(大地に福を与える)

    作者:林吉裕

    「方圓之道」とは四角の中に円があり、円の外に四角があることを言います。さまざまな概念を包み込んだ四角は、人類が構造の破壊と経験の蓄積を経て、現在の姿になったことを表しています。内部の円は「円満」、「ハーモニー」、「包容力」を表しています。ここには人々が大地や万物を大切に守る心をもってほしいという期待が込められています。また、生命の源である地球が永遠に続いていくことを願っています。

    植物の苗は人々の心が種のように発芽することを表しています。上方のランタンの球は種子の形で、祝福の文字がレーザー投射されています。母なる森の中で種子が育まれるように、人々もそれを繋いでいきます。どんなところでも住み慣れればそこが良くなる種子と同じです。ランタンの球に触ると、種子が落下する音が発せられます。視覚と聴覚のインタラクティブな体験を通して、母なる森から種子が落ちる感覚を味わいましょう。「大地に福を与える」世界が表現されています。

 

 

 

 

 

  • 百鳥和鳴慶吉祥
  • 伝統的なサブランタン
    百鳥和鳴慶吉祥

    作者:王耀瑞

    心の耳を傾け、命が躍動する音を聞きましょう。甘い音色も悲しい音色も同じく、天の響きです。2020年に台中で開催される台湾ランタンフェスティバルのサブランタンはミカドキジがテーマとなっています。まさに「霧の中の帝王」と呼ばれるミカドキジは雲の中にいるようにデザインされています。その光り輝く幻想的で美しい姿は、遠くから聴こえる旋律のようにも見えます。文明によって束縛された人間たちが世俗から超越した勇気をもつことを願い、本来の自然で自由な魂が喜びで満たされることを信じています。ミカドキジが羽を広げ、まっすぐに舞い上がる姿と、その周りを囲む鳥の群れが表現されています。喜びと吉祥に溢れ、荒野の中で満開となった花を見つけたかのようです。季節の移り変わりの中で、深い谷に響く春ののどかなエコーが聴こえます。

百鳥和鳴慶吉祥 live
百鳥和鳴慶吉祥

 

 

 

  • 爵士好鼠
  • 伝統的なサブランタン
    爵士好鼠喜迎親(ジャズ音楽とともに親族を迎えるネズミたち)

    作者:藍永旗

    当作品は摩訶不思議な発想で、「鼠の嫁入り」という東洋に伝わる昔話を表現しています。「ファンタスティックな婚礼パーティー」では、【親族を迎える盛典】という慶事を再現しています。ネズミたちがジャズを奏でながら親族を迎え、銅鑼を敲きながら「喜びのネズミ林」へと進みます。盛装したネズミたちは中洋の美学が融合したファンタスティックな婚礼パーティーに出席します。光と影が作り出す情景に音楽も加わり、視覚的にも聴覚的にも素晴らしい体験ができます。【ジャズ音楽とともに親族を迎えるネズミたち】。

最終更新日時:2020-02-06
TOP